環境事業と地域貢献

「日本の山を守り、木を育てよう!」

エバグリーンの森を育成しています!

日本の森林は、国土の約66%を占めています。世界的に見ても、世界有数の森林大国なのです。つまり、環境の観点から見れば、美しい景観と豊かな生物多様性を持つ国といえ、産業的な観点からも、豊かな森林資源をもつ国と言えるでしょう。日本は最古から現代に至るまで、人々は森の恵みを受けながら生活し、木の文化を築いてきたのです。

日本の森林のうち約半分が天然林、残りの約4割が人工林、残りが竹林や無立木地となっています。しかしながら、いずれの森林も人の手で適切にサポートしていく必要があるのです。例えば、木材や林産物が持続的に生産するためには、「植林→育成→収穫→植林…」というサイクルを絶やさず、正常に循環させていく必要があります。さらには、無計画な伐採による森林破壊や、盗伐、山火事などから森林を人の手で守る必要があるのです。

人の生活で一番大切な空気・水・環境をより良く守っていくためには、山を守り、木を育てなくてはならないのです。人が森林を守れば、森林は人々の生活に必ず恩恵を与えてくれます。人と森林はギブアンドテイクの関係で成り立っているということを認識しなくてはならないです。また、昨今世界的にも環境破壊が問題になっており、地球温暖化防止にも、森林の育成が必須になっており、人の手で管理・保全していく必要が必ずしもあるのです。

特にエバグリーンが本社を構える和歌山の地は、山林における人工林の占める割合が高く、自然林からいったん人の手を加えて人工林にしてしまうと、最後まで手をかけてやらなくては木は育ちません。放置したままでは山の環境破壊が起こります。今、和歌山の山はまさにその一歩手前まできています。いやすでに破壊が始まっているかもしれません。その危機感を当社では持っており、誰かが立ち上がらなくては、和歌山の森林は守られないという使命感からエバグリーンでは独自で森林の保有面積を増やしてきています。

現在の保有面積は1700町歩(510万坪・東京ドーム約365個分)。今後も日本の森林を守るため、そして自然と共生する美しい森林づくりを一企業として応援すべく、日々奮闘をしていきたいと思っています。皆様のご支援、ご賛同を頂ければ幸いです。

                           山林育成事業 /米原 まき

紀の国わかやま国体・わかやま大会
オフィシャルサポーター

当社は2015年、和歌山県において開催された第70回国民体育大会「2015紀の国わかやま国体」ならびに第15回全国障害者スポーツ大会「2015紀の国わかやま大会」が、スポーツの普及振興、僧会社の社会参加促進、スポーツを通しての人々の交流、連帯感などが育まれるとともに、活気に満ちた人づくりや地域づくりに繋がることを目指し、オフィシャルスポンサーとして、両大会を応援しました。

当社は地域社会に貢献するということをモットーにおき、スポーツを通じて、地域活性化を目指しております。オフィシャルスポンサーとして両大会を応援し、地域の皆様と接する機会を設けるとともに、和歌山県の魅力発信の一助となるよう、両大会を応援する活動に参加させて頂きました。

紀の国わかやま国体・わかやま大会公式HP

 

採用情報
チラシチェック
クリニック開業募集
薬剤師採用
採用情報
チラシチェック